【季節のおたよりとヨガのポーズ】

二十四節季では6/6頃から「芒種(ぼうしゅ)」といわれますが

皆さん いかがお過ごしでしょうか?

「芒」は「のぎ」とも読め、イネ科植物の穂の先で、針のようにとがっている部分のことです。

その種を根づかせるのに適した6/6頃からが「芒種」だそうですね。

二十四節気は、

紀元前の中国、戦国時代に生み出されたものを 日本でも採用しているため、少し感覚のズレがあるものの

『夏至』『冬至』

などは当然のように浸透しているし

『春分』『秋分』

は祝日にさえなっているし、

この暦の感覚に親しんでいる日本の方も多いと感じます。

さて、視点をもどすと

ここ 東大阪市の花園地域でも、農家の方がイネの田植えをする後ろ姿を見ました。


上は、プラーナの教室からとった画像です。

水入れをされた翌日、梅雨入りの大雨で、ピアノ教室にきた男の子が

「池」

と言っていました。

当教室は、主要な道路から奥に入っていて、騒音が少なく、音環境は私も気に入っています。

「静かですね」

「落ち着けますね」

とヨガの生徒さんはおっしゃられ、

利用してくださるのは

土地柄のおかげもある、とありがたく思います。

ですが 特例の日が数日あるのです^ ^

1年のうち1.2回目、外からトラクターの『ゴゴゴゴゴ』という音が響く。

天候を見定めた農家さんの仕事のサイクルは崩すことはできませんので、

レッスン中にも、農作業の機械音が響く時がございますが、

どうか お許しくだされば 幸いです。


アオサギやカモが、やってきます。

片脚で立っている様子や、くちばしを天の方に突き上げる様子をみました。

鳴くとやかましいアオサギですが、たたずまいは たいそう美麗です。

その姿を思い浮かべて「サギのポーズ」をとった後は、脚がほぐれて心地よく歩けそうです。

そう願って、1ポーズずつの時間を大事にすごしたいですね。

梅雨の水っぽさは、カラダの内側にも同様の影響がおこります。

脚のムクミや水っぽい冷えを緩和するにも、「サギのポーズ」はおススメです。

きついときは、タオルやベルトを両手にもって、足裏にひっかけるとやりやすいです。


プラーナのお隣の農家さんは、

イネを植えるのも刈り取るのも、まわりの田んぼに比べて遅い日にされまして、

6/8現在 まだイネが植えられず です。

今日明日くらいに 植えられるかなぁと楽しみに待っています o(^-^)o

教室にお越しの際は

窓から 外の景色をぜひご堪能くださいね。

最後まで おつきあいいただき ありがとうございました^ ^

食中毒に気をつけて

梅雨の時期独特の美しさを楽しんでまいりましょう♪

ご覧いただき ありがとうございました

東大阪市 東花園駅

少人数ヨガ プラーナ

090-7751-9468(講師 わたべ)

info@colorfulmusic-yoga.com

東大阪市玉串町東2-3-26

近鉄奈良線東花園駅より南へ15分

駐車場 (7.8番)駐輪場 ございます

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
東大阪市・東花園駅のヨガ教室はプラーナ

プラーナ
電話番号:090-7751-9468
電話受付時間:10:00~22:00
住所:大阪府東大阪市玉串町東2丁目3-26

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
LINEで送る